2018年コンサート

マリアン・ミラージュ

マリアン・ミラージュはイタリア、チェゼーナ生まれ。7歳にして既にブラックからサイケデリック、グランジ、ビリー・ホリデー、サラ・ヴォーンなどのワールドジャズミュージックに魅了され、その偉大なヴォーカルの世界に足を踏み入れました。2014年マリアンはCaterina Caselliのレコードレーベル、シュガーミュージックより「Come quanto fuori piove」をリリース、その後Kiesza、パッティ・プラーヴォ、ティロマンチーノ、ラファエル・グアラッツィなどイタリアや世界レベルのアーティストのオープニングアクトを務めました。2016年はマリアンにとって重要な年になりました。シュガーミュージックよりデビューアルバム「Quelli come me」が3月25日にリリースされました。「私の本質、考え方や希望のスナップショット」、「これは私自身」というように、人生を見つめ生きるすべての人に捧げる偉大な創造性の作品となっています。